復縁

元彼と復縁するためのアプローチ法の決定版!略奪愛の彼はこう攻める!

元彼と復縁するアプローチ方法

好きだった彼から別れを告げられてしまった、喧嘩をしてつい別れを告げてしまったなど、本当は復縁したいと思っているけど、アプローチ方法が分からず、悩んでいませんか?

元彼と復縁をするには、考えるべきことがあります。

この記事では、

  • 別れた状況別の復縁アプローチ方法
  • シチュエーション別の復縁アプローチ方法
  • 略奪愛の場合の復縁アプローチ方法
  • やってはいけないNGアプローチ

について、詳しく解説していきます。

ぜひ、復縁アプローチの参考にしてみて下さいね!!

復縁アプローチまでの期間とアプローチ期間の平均はどれくらい?

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
すぐに復縁したいけど・・・どのぐらいで連絡を取ったらいいのかな?

復縁アプローチまでの期間(冷却期間)は、平均6ヶ月程度です!!

元彼と別れた後は、復縁したい気持ちが強いとすぐに連絡を取りたくなってしまいます。しかし別れた直後は、別れた悲しさなどから、冷静な判断がしづらい状況にあります。

そこですぐに連絡をとってしまうと、元彼からは「何も変わってないな」と思われ、復縁には遠ざかってしまう可能性があります。

少し辛いですが、半年程度は連絡を取らず、冷却期間を作りましょう。

冷却期間に行うべきこと

  • 友達と遊ぶ、趣味に没頭する、新しいことにチャレンジするなど、自分のために時間を使う
  • 元彼のことを客観的に考えてみる(なぜ別れたのか?、なぜ好きだったのか?、嫌だった所はないか?、本当に復縁したいのか?など)
  • もし元彼との復縁を望むら、今自分が出来ることは何かを考える(ダイエット、化粧や服装を変えてみる、考え方を変えてみるなど)

※紙に書いてみると、客観的に考えやすいです!

占いマニアあい
占いマニアあい
冷却期間を作ることで、元彼の事を冷静に考えられるようになります。そうすることで、自分の本当にすべき行動が見えてきます。
迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
冷却期間は理解出来たけど、実際にどのぐらいアプローチしたらいいんだろう?

アプローチの期間は、平均3ヶ月〜5ヶ月程度です。

しかしこれはあくまで平均期間であり、3ヶ月以内もしくは半年以上かけて復縁する方もいます。また別れる原因があなただった場合は、より長くなることもあります。

具体的なアプローチ方法については、次に詳しくお伝えしていきます!

占いマニアあい
占いマニアあい
復縁するには、ある程度の期間が必要となります。自分の思いばかり前に行かないように注意しましょう!

別れた状況別の復縁アプローチ法

別れた状況別の復縁アプローチ法「別れ」と言っても、その時の状況によって復縁アプローチは変わってきます。ここでは、その状況に応じた、アプローチ方法をご紹介してきます。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

振られて別れた場合のアプローチ法

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
好きだった彼から振られちゃった。どうしたらまた復縁できるんだろう?

1.まずは冷却期間を設けて自分磨きをする

好きだった彼から振られてしまうのは、本当に辛いですよね。しかしすぐに連絡してはいけません。まずは冷却期間を設けて、しばらく連絡を取らない期間をつくりましょう。

この期間では、外見と内面に変化をつけて、元彼に「あれ?なんか変わったな」と思ってもらえるよう自分磨きをします。詳しくは上記の内容を参照して下さい。

2.相手に連絡をしてみる

冷却期間後は、アプローチ開始です。まずは元彼に連絡をとります。いきなりデートの話ではなく、久しぶりに友達に連絡をとるような内容が良いでしょう。

例)「久しぶり、元気にしてた〜?」、「○○君、横浜のお店とか詳しかったよね、オススメのお店とかあったら教えてほしいな〜」、「誕生日おめでとう!」など

連絡が来ないからと言って、再び連絡を送るのはやめましょう。連絡が来なければ、更に冷却期間をつくる必要があるかもしれません。

振って別れた場合のアプローチ法

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
自分から振ってしまったけど、やっぱりまだ好き。また復縁したいけど、どうしたら良いんだろう?

自分から振ってしまったけど、実は後悔している人はたくさんいます。安易に「自分から別れを告げたんだから、すぐにまた戻れるだろう」と考えるの危険です。

1.まずは謝罪の連絡をする

別れてから2週間以内であれば、元彼に謝罪の連絡をしましょう。まずは「自分が間違っていた」ということを元彼に伝えることが重要です。

2.連絡が来なければ、冷却期間を設ける

返信が来なければ、冷却期間を設けましょう。しつこく連絡をすることで、復縁には遠ざかってしまいます。

また元彼の返信が素っ気ない場合でも、冷却期間を設けた方が良いでしょう。相手も感情的になっている可能性があるため、一旦冷静になる必要があります。

3.再度謝罪の連絡をする

冷却期間で、自分のどこがいけなかったのかなど反省点などを含めて、連絡をとります。

ポイントは、「あなたのおかげて、自分の改善点が明確になり、そこを変えていきたいと思う」というような、自分の改善点と、変化を伝えることです。

自然消滅で別れた場合のアプローチ法

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
ちゃんと別れずに疎遠になっちゃったけど、また前みたいな関係に戻りたい。どうしたら良いんだろう?

1.なぜ自然消滅したのか考える

自然消滅の場合、最終的に連絡が疎遠になり、距離が離れてしまうことにあります。お互いの忙しさや、相手や自分の気持ちの変化など理由はさまざまです。

まずは連絡を取る前に、自分自身の気持ちと向き合う必要があります。

2.連絡をする

基本的には、「振られて別れた場合」と同じような連絡でよいでしょう。いきなり復縁に迫る内容はNGです。

ポイントは相手が返信しやすい内容を送ることです。そのため質問をする内容が良いでしょう。

シチュエーション別の復縁アプローチ法

シチュエーション別の復縁アプローチ法別れた状況でもアプローチ方法は異なりますが、シチュエーション別でも復縁のアプローチ方法は変わります。

ここでは、冷却期間後のシチュエーション別アプローチ方法をお伝えします。ぜひ参考にして見て下さい。

連絡はとれるけど、ばったり再会する可能性が低い場合

このような状況では、会う機会を作るため、元彼に連絡をとる必要があります。連絡をする中で、復縁デートの日程を組みましょう。

オススメのアプローチ方法は、

  • まずは友達感覚で、気を使わずに、連絡ができるような内容を送る
  • 相手から定期的に返信が返ってきたら、気軽に行ける食事などに誘ってみる
  • 相手のスケジュールを考慮し、無理に日程を組まないよう注意する

例えば、仕事が大変な時期、趣味を行っている日など

社内恋愛の場合

社内恋愛の場合、お互いに職場での立場があります。方法を誤ってしまうと、職場内での立場にも影響を及ぼしてしまう可能性があるため、より慎重に行う必要があります。

オススメのアプローチ方法は、

  • 別れたことや復縁したいことは、周囲の人には伝えない
  • 可能であれば信頼できる仕事仲間1人に相談し、協力してもらう
  • 仕事についての話をする
  • 自分の仕事を精一杯頑張り、元彼に「頑張っているな」と思わせる
  • 元彼も含めた数人のグループで食事や遊びにいく

社内では、信頼できる人に協力してもらい、まずはグループで出かけたりするのが良いでしょう。そこでは、自然と会話も生まれやすくなります。つまらなさそうな態度をするのはNGです。その場を楽しく過ごすことを心がけましょう。

そして、自分の仕事を頑張ることも重要です。何かに一生懸命取り組んでいる姿は魅力的に見えます。また元彼に仕事の相談などをするのもよいでしょう。

音信不通の場合

電話やLINEをしても、連絡がまったく返ってこない場合は、「あなたと連絡をとりたくない」という気持ちでいる可能性が高く、厳しい状況です。

しかし相手も復縁を望んでいるけど、冷却期間として、あえて連絡をとらないようにしている可能性もあります。

オススメのアプローチ方法は、

  • 元彼と共通の友達に連絡をとり、協力してもらう
  • 最終手段として、直接元彼に会いに行ってみる

連絡が返ってこない状況であれば、第三者の介入が必要であり、元彼がどう思っているのか知ることです。

最終手段としては、直接会いに行き、話をしに行くことでしょう。その時は、以前とは違う自分を見せることです。

共通の友達がいる場合

共通の友達がいる場合は、その人に協力をお願いしましょう。しかし復縁に協力をお願いする友達の選択を誤ると、復縁にはほど遠くなります。

それほど、人選はとても大事です。必ず信頼できる友達1人にお願いしましょう。

オススメのアプローチ方法は、

  • 現在の元彼の状況を把握する

例)彼女や好きな人がいるのか、仕事のことや、人間関係、プライベートについてなど

  • 元彼の本心を知る

例)元彼が思っている別れの原因、あなたに対して思っていることなど

  • きっかけを作ってもらう

例)連絡先を教えてもらう、2人で会うもしくはグループで遊ぶなど

友達に全てを任せることは良くありません。本当に復縁したいと望んでいるなら、最終的には自分で行動する必要があります。

あくまで友達は、元彼の気持ち知ることやきっかけづくりだけであり、それだけで必ずしも復縁できるとは限りません。自分でどうすべきか考えることも必要です。

遠距離の場合

遠距離の場合は、直接会うことが難しい分、LINEなどで連絡をとっていくことになります。

オススメのアプローチ方法は、

  • 自立すること

遠距離では、すぐに会えないため元彼に重たい連絡をとってしまいがちです。それでは相手の気持ちも離れていく可能性があるため、元彼に依存せず、気持ちの面で自立していることが重要です。

  • 返信のしやすい連絡を送る

2〜3日おきに連絡をとるペースが良いですが、元彼の状況もあるため、相手のペースに合わせることです。

  • 再会するきっかけをつくる

遠距離の場合、再会するタイミングも重要です。ある程度、連絡を取り合う仲になった状態が良いでしょう。

きっかけづくりとしては、知人を含め遊びに行く、元彼の自宅近くに用事があり、そのタイミングで会うなど

※復縁後の状況も考えておくと良いでしょう。せっかく復縁しても、距離の問題でまた疎遠になってしまう可能性もあるからです。

略奪愛の場合の復縁アプローチ法

略奪愛の場合の復縁アプローチ法略奪愛の場合、通常の復縁アプローチとは大きく異なります。それは、元彼にはもう相手がいるということです。

冷却期間で、元彼のことを冷静に考え、それでもやはり「本当に復縁したい」という思いであれば、アプローチをすることを考えましょう。

元彼に彼女がいる場合のアプローチ法

元彼に新しい彼女がいると知った時は、とても辛いですよね。しかしそこですぐに行動に移してしまっては、感情のみで行動が左右されてしまいます。

しばらくは連絡を取らずに、冷静に考えられるまで待ちます。

オススメのアプローチ方法は、

  • 元彼にとってあなたは味方であるということを理解してもらう

少し辛いですが、新しい彼女について良い反応しましょう。悪口を言うなど批判的な態度をとると、元彼との復縁の可能性は下がります。

  • 元彼に相談事をして、特別感を出す

人は相手に頼られると、自分の存在価値を認められ、嬉しい気持ちになります。元彼に相談を持ちかけることで、「自分は特別な存在なんだ」と思われ、気にかけてくれる可能性があります。

  • 元彼からの相談にも親身になってきく

自分から相談すると、元彼も心をゆるすようになり、逆に相談してくる可能性があります。恋愛の相談であっても、新しい彼女の事は批判ぜず、元彼の魅力を伝えるようにしましょう。

元彼が既婚者の場合のアプローチ法

元彼に既婚者がいる場合は、アプローチをする前に、考えなければならないことがあります。

まずは略奪してまで、本当に元彼と復縁したいという覚悟があるのか考えましょう。子どもがいる場合は、さらに略奪するリスクは高くなります。

それでも元彼を略奪したい場合、オススメのアプローチ方法は、

  • 元彼に自由を感じてもらう

結婚をしてから、独身の時のような自由さが減り、ストレスに感じていることがあります。あたなと過ごしている時間は、「縛りがなくていいな」と感じてもらえるように、対応しましょう。

  • さりげないボディタッチ

飲み屋の席や、街中を歩いてる時など、さりげなくボディタッチをするのは良いでしょう。しかし大胆過ぎるスキンシップは辞めましょう。

  • 思いやりの言葉や行動

結婚にストレスを感じている場合は、気持ちが沈んでいたり、疲れがみられ、精神的に落ち込んでいることがあります。そんな時は、さりげなく元彼に対して、良い面を伝えたり、体に良いものをプレゼントするなどしてみましょう。

元彼が既婚者の場合は、「元彼の幸せを願う」ことも自分に出来ることです。もしかしたら、今後更に良い方と出会える可能性もあるのです。

これをやったら復縁はうまくいかない!NGアプローチ3カ条

これをやったら復縁はうまくいかない!NGアプローチ3カ条これまで、復縁するためのアプローチ方法をお伝えしてきましたが、これをしてしまうことで、かえって復縁に遠ざかってしまう行動があります。

NGアプローチ① 別れてすぐに復縁の話をする

別れた直後は、急に相手がいなくなってしまった悲しさなどから、「やっぱりヨリも戻したい」と思い、すぐに連絡をしてしまいたくなります。

しかしこのような状況で連絡をとっても、元彼からは「何も変わってないな」と思われたり、仮に復縁できたとしても、また同じことで別れてしまう可能性があります。

まずは冷却期間をつくり、元彼のことを冷静に考えてみましょう。

NGアプローチ② しつこい連絡や長文メール

元彼からの連絡がないのに、またすぐに連絡を送ってしまうと、元彼の心はどんどん離れてしまいます。

また長文の内容を送ることも、元彼にとって「重すぎる」と、復縁の可能性が遠ざかる可能性があります。

久々に連絡をとるときは、相手が気軽に返しやすい内容を送るなど配慮しましょう。

NGアプローチ③ 自分の周りの人に別れたことや復縁したいことを伝える

別れた後は、誰かに話を聞いてもらいたいと思うもの。誰かに話すこと自体は悪くありません。人に話すことによって、自分の本当の思いに気づけることがあるからです。ただ話す人を選びましょう。

毎晩、誰かと会って、お酒を飲んでいるようでは、なかなか復縁には遠くなります。もしかしたら、その話が元彼の耳に入ってしまう可能性があり、悪い印象として捉えられてしまうこともあります。

信頼できる人のみに話をきいてもらい、自分自身と向き合う時間をもつことも大切です。

まとめ

今回は、主に復縁するためのアプローチ方法について、記載しました。

内容をまとめると、

  • 冷却期間は平均6ヶ月程度、アプローチ期間は3〜5ヶ月程度
  • 冷却期間では、外見と内面磨きをする
  • 振られた側・振った側・自然消滅でアプローチ方法が異なる
  • シチュエーションによってもアプローチ方法は異なる
  • 略奪愛では、まず自分の本当の気持ちと向き合う
  • 復縁アプローチでは、適度な距離感が大事で周囲への不満をもらさない

復縁をするには、別れ方にもよりますが、長い時間必要となります。別れた後は、辛い時期でもあり、元彼について考えることが多いですが、自分の時間を楽しむことも大切です。

新しいことに挑戦したり、新しい環境に身を置いてみたり、そんなとき新たな出会いが待っている可能性もあります。