略奪愛

【略奪愛のその後】幸せになれないって本当?幸せになれる人なれない人の特徴

「略奪愛は幸せになれないのかな?」「略奪愛で幸せになるひとはいるのかな?」と疑問におもってはいませんか?

略奪愛をしてみたら、幸せになるはずがどん底になってしまった。。なんてことになったら悲しいですよね。

今回は略奪愛をした後、幸せになれる人と幸せになれない人の特徴をお伝えします。

幸せになれる人の行動や考え方を取り入れて、略奪愛のその後の幸せを手に入れましょう♪

略奪愛は幸せになれないって本当?

略奪愛は幸せになれない」という言葉をよく耳にします。

しかし、実際はどうなのでしょうか?

経験した人や、当事者にしか分からない略奪愛。

略奪愛は本当に幸せになれるのか・・実際に経験した人のエピソードをみていきましょう。

略奪愛で幸せになれたエピソード

互いに彼氏彼女がいたけど、別れて付き合いそのまま結婚。世間からみたら略奪愛だけど今が幸せだから結婚したもん勝ち
彼女と喧嘩したと相談されて、好きだったので気持ちを伝えたら付き合うことに。元彼女には申し訳ないけど今とっても幸せ。

略奪愛で幸せになれなかったエピソード

職場に付き合っていたひとがいたけど、違う先輩を気になり始めて別れてから付き合うことに。

でも周りや付き合っていた相手からしたら略奪愛と思われたらしくて・・・結婚した今でも、「略奪愛だー」「お前はあいつの女を奪った」と言われているよう。

結婚したことに後悔はしていないけど、互いに相当なストレスがかかる・・

男性のほうには、妻も子どももいたけど不倫からの再婚を果たした。

でも私も夫も慰謝料請求されて支払いに追われているし養育費も払っている。結局夫は女癖が悪いのは治らなくて落ち着いたころには女遊びしている。

お金もないし、夫は病気並みに女癖が治らない

奥さんがいる人を好きになって、結婚したけどカレの家族とは絶縁状態。

不倫からの結婚というのを知られているから、ご両親にも兄弟にも良く思われていない。わかっていたけどやっぱり辛い

略奪愛をしたその後が大切?幸せになれない人はなぜ?

実際のエピソードを見ると、幸せになれる人とそうではない人がいますね。

なぜ略奪愛には、幸せになれる人とそうではない人がいるのでしょうか?

幸せになれない人はなぜなのか更に深堀していきます。

周りに祝福されないことを気にしている

略奪愛からの恋人や夫婦は祝福されない場合がほとんどです。

もちろん、祝福される場合もありますが少数派であると認識しておかなければいけません。

略奪愛は、世間一般的には良くないことだとされています。

恋人や夫婦仲を壊すことになりますし、婚姻関係にある人は慰謝料なども請求されるほど。芸能界の不倫や略奪愛などもよくみかけますが、一気に好感度は下がり仕事にも影響してしまいますよね。

そのため、

『この恋は周りから祝福されない覚悟』『周りに絶縁される覚悟』『少しでも祝福されたらラッキー』

くらいの気持ちが大切です。

略奪愛がうまくいった場合、基本的には祝福はされないものと覚悟して彼との生活を楽しんでいきましょう。

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
周りからの祝福を望んではいけないって分かってはいるんだけど、周りが祝福されているのを見ると羨ましい 。。
占いマニアあい
占いマニアあい
それは祝福されないことを気にしすぎるあまり、幸せとは思えない状況となってしまっていますね。

「周りから祝福されなくても良い」「二人ならなんとかやっていける」と思っていても、時間がたてば気にしていく人も少なくありません。

略奪愛を幸せに思えている人は、周りからの祝福されることは望んでいません。

周りからの祝福は気にしないようにしましょう。

理想を追いすぎて自分を見失わないように、祝福されることがすべてではない気持ちを強く持つことが『略奪愛』が幸せに思えるかどうかの近道です。

相手のパートナーと揉めて気が滅入ってしまう

略奪愛は、相手のパートナーと揉め事になるかもしれないということを前提にしなければなりません。

略奪愛経験者Aさん
略奪愛経験者Aさん
結果的に略奪愛になってしまい、前の嫁との子どもと自分の子どもが同じ学区で嫌がらせをされて街をでました。。

Aさんは後に揉めごとを回避するためにも、相手と遠いところで暮らし1からスタートして幸せになっています。

Aさんのように別れてから住む町を変えるなど、過去をキレイさっぱり忘れられる場所へ行くことで揉めごとを回避できることもありますが、相手次第ではどんな別れ方をしても回避できないこともあります。

略奪愛が不倫の結果であった場合は、弁護士を通される場合も少なくないので逃げれない場合もあります。

「いつから付き合っていたか」などと詳しく探られ、調停になる場合もない訳ではないですね。

あまりにも調停や揉めごとが長引きすぎて、幸せとはかけ離れた状況にもなりかねないです。

相手のパートナーに嫌がらせをされても、揉めごとになってもいい覚悟をもってお付き合いやご結婚をする必要があります。

金銭的に困って幸せを感じられない

略奪愛の結果、お金が無くなってしまうこともあります。これを理解していないと、「彼は手に入ったけどお金がなくて生活がきつい!」と金の切れ目が縁の切れ目になってしまう人も。

略奪愛でお金が無くなる原因について知っておきましょう。

職場で略奪愛!会社を辞めて収入激減

例えば「職場で略奪愛をしたけど、噂が一気に広まりいずらくなり退職をした」という場合は、次の職場が見つかるまで収入が激減してしまいます。

この場合は耐えれる場合は、退職しなくても良いですが直接言われたり嫌がらせされる場合は大きなストレスとなり退職を逃れない場合もあります。

今まで気づき上げてきたものが、一気になくなり今までとは同じお給料を貰うことは難しいので大きな痛手となるようです。

もっと厳しいのが、夫婦関係となっていたことからの略奪愛です。

養育費や慰謝料の支払いでお金がない!

子どもがいた家庭はなおさら『養育費』『慰謝料問題』があります。

不倫の末の略奪愛でしたら、慰謝料は100万単位になる可能性もあるようです。

不貞行為がある場合は100~1000万とふり幅も大きいですが、額は大きくなってしまいます。

養育費は収入にもよりますが、月2万~10万など成人するまでと考えたら物凄い額となるでしょう。

慰謝料・養育費などと、本来のお付き合いや結婚に必要がない出費がでてくるので金銭的には厳しい状況となります。

金銭に余裕があり、「この人と結婚するためだったら安いくらい」という感覚なら問題ないでしょう。

しかし金銭的にも余裕がなく、この先子どもを産む予定があるなら厳しい問題です。

将来的に一緒になったパートナーと、喧嘩のタネになってしまう可能性も否定できません。

不倫を続けている人や、夫婦関係のある人から略奪愛をしている人は慰謝料・養育費を請求される覚悟を持っていないといけません。

そこまでの金額を失っても良い相手なのか、この先の金銭的環境から向き合う覚悟はあるのかご自分でしっかり考える必要があります。

この気持ちは一瞬の気の迷いなのか、失うものは人間関係だけではなく金銭にも影響してきます。

略奪愛で、しっかりと幸せになっているかどうかはこの金銭問題が大きいかと考えられます。

しっかりと先を見据えて、金銭問題にも目を向けましょう。

略奪愛のその後幸せになる人の特徴とは

略奪愛で、幸せになっている人の特徴についてみていきましょう。

実際に略奪愛を成功している人との違いは何か、一つずつ紹介していきます。

キレイに略奪している

パートナーがいる相手を好きになったが、しっかりと別れるまで不貞行為もなく少し時間を空けてお付き合いを始めたという方は成功しているひとが多いです。

結果的には略奪となってしまったが、実際にお付き合いをするまでに何も不倫や浮気と思われる行動をしていないという点が大きいです。

『不貞行為をしてしまった』『二人きりで会ってしまった』『メールやLINEで不倫(浮気)と思われても良い内容を送り合った』などは証拠としてトラブルや金銭問題となりかねません。

意外と早いうちに勘ぐられ気づかれないように、探偵などを雇い証拠集めをしている人も多いです。

突如、パートナーがいなくなり弁護士をたてて話し合いになってしまったケースもあるようです。

略奪するなら、相手側が別れるまで待ちこの先金銭問題や人間関係にトラブルが生じても良い覚悟を持ちましょう。

相手がしっかりと別れるのを待ち、違う街で暮らすのも良いでしょう。

彼に守りたいと思われる女性である

あまりにも強気でいたり、元パートナーの悪口を言いすぎてしまうと「この人は一人でもやっていける」と思われやっぱりやめようと思う人もいるようです。

そして不貞行為のあった相手の女性のみ慰謝料を請求され、男性にも裏切られて残るのは請求書だけ・・・ということもあるので男性との良好な関係は必須です。

相手に守りたいと思わせて、最後まで離されることはないようにしましょう。

略奪愛に限らず、男性が女性を守りたいと思われることは大切なことです。

トラブルが多いのが略奪愛ですが、二人の関係が良好ではないとどんなことも乗り越えていけません。

あまり強がらず、少しはカレに甘えてみてくださいね。

強い心で覚悟を決めている

一筋縄ではいかないのが略奪愛です。

どんな困難やトラブルも起こる覚悟を持たなければなりません。

相手のパートナーから嫌がらせをされる、慰謝料を請求される、友人に祝福されないなどとあらゆる可能性を考えて強い覚悟を決めましょう。

途中で諦めたり、弱気になってしまうとこの先の幸せはやってきません。

どんな困難も乗り越える覚悟を持って、略奪愛を決めると幸せになりなりやすい傾向にあるようです。

「やっぱり略奪愛なんてやめればよかった」「こんなに慰謝料を請求されるなんて・・」「周りに祝福されないのは辛い」と弱気になっている人は、結果不幸せな略奪愛となってしまうでしょう。

略奪愛は、強い覚悟で臨むと結果的に幸せが待っているかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まとめていくと・・・

  • 略奪愛で幸せになれないひとは、周りから祝福されないことを気にしてしまうので祝福されない覚悟でいる
  • 相手のパートナーと揉めてしまう覚悟を持つ
  • 突然の退職、慰謝料・養育費などで、金銭的に困る可能性も考えておく
  • 略奪愛で幸せになっているひとは、相手のパートナーと別れたからお付き合いを始めるなどと綺麗な略奪愛を果たしている
  • カレから守りたい女性であることは大切
  • 略奪愛は強い覚悟を持たなければならない

気になるひとにはパートナーがいて、略奪愛に悩んでいるひとは先を見据えて道を外さないようにしましょう。

そして略奪愛をすることによって、不幸せになってしまう人もいることを忘れないで相手を大切にしてくださいね。