復縁

元彼に復縁の告白をしたい!失敗しないセリフ、場所、タイミングを教えます!

元彼に復縁の告白をする方法

元彼と連絡を取り合ったり、何度か出かけてはいるけれど、どうしたらもう一度付き合うことが出来るのか、悩んでいませんか?

ここでは、

  • 告白するタイミング
  • 告白する時のセリフ
  • 告白する場所
  • 告白時のNG行動

について詳しくお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしていただき、告白の確率を上げて下さい!

元彼に復縁の告白をするベストなタイミングはいつ?

元彼に復縁の告白をするベストなタイミングはいつ?
迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
告白したいけど、タイミングが分からずなかなか切り出せない。良いタイミングってあるのかな?

告白するタイミングは、

  • 冷却期間後の1〜3ヶ月程度
  • 季節は春と冬、時間帯は夜

冷却期間後の1〜3ヶ月程度

別れた後は冷却期間が重要であり、この冷却期間が平均6ヶ月程度必要とされています。この期間で、元彼を冷静に考えたり、自分自身の内面や外見を磨きます。

そしてその後にいよいよアプローチを開始します。まずは連絡をとったり、一緒に出かけて、少しずつ距離を縮めていきます。

告白のタイミングとしては、冷却期間後から連絡をとり、1〜3ヶ月程度で良いでしょう。あまり期間が空き過ぎてしまうと、距離が縮めづらくなります。

しかし元彼の性格や状況などでも変わってくるため、連絡や直接会う中で、仕事についてや、スケジュールなどを把握しておきましょう。

季節は春と冬、時間帯は夜がベスト

季節は春と冬が良いでしょう。春は気温が暖かくなり、気持ちが開放的になりやすくなります。また新しい1年のスタートとして、心機一転したいと考える方もいるでしょう。

ただ元彼が4月から新しい環境に変わる場合は、忙しく思っていることもあります。その場合は5月以降が良いでしょう。

そして冬は、寒くなり人肌が恋しい時期です。またクリスマスやイルミネーションなど、恋人とのイベントも多くあり、孤独感を感じ、恋人が欲しくなりやすい時期です。

時間帯は、一緒にお出かけをした後の夜がベストでしょう。

日中は一緒に出かけ、夕方〜夜は別れが寂しく、「まだ一緒に居たいな」と思いやすくなります。

また夜は副交感神経が優位になり、心や体はリラックスした状態となり、ムードを作りやすくなります。

元彼の脈ありサインが出たとき

迷える子羊ゆめ
迷える子羊ゆめ
彼と連絡はとるけど、どう思っているのか分からない。脈ありのサインってあるのかな?

会おうと数回誘ってくる

元彼から「今度、一緒に〇〇に行こうよ」など、何度か会おうと連絡をしてくる場合は、あなたに好意を持っている可能性が高くなります。

近況を探ってくる

元彼から「彼氏いるの?」、「好きな人とかいるの?」、「休みの日は何してるの?」など、あなたの近況を聞いてくる場合も脈ありのサインです。

元彼の脈ありサインを見逃さない
【元彼の復縁サイン】脈あり行動・言葉を見逃さず略奪愛を叶える!元彼の復縁サインを見逃さない!脈ありサインの言葉や行動、受けとったときのあなたがすべき行動をお届けします!...

元彼にする復縁の告白はストレートがいい?ベストなセリフ

元彼にする復縁の告白はストレートがいい?ベストなセリフ元彼への告白は、ストレートが良いでしょう。

男性は長い話をされるより、結論から知りたい人が多いのです。遠回しに長い話をして、告白をするより、はっきりと短文で伝えた方が、印象に残り元彼へ届きやすくなります。

ここでは、復縁のセリフについて、振られた場合と振った場合に分けてお伝えします。

そのまま使っていただいても良いし、アレンジして使っても良いでしょう。

ぜひ参考にしてみてください!!

あなたが振られて別れている場合

  • 「もう一度やり直せないかな?」
  • 「まだ好きなんだ、やっぱり私じゃダメかな?」

疑問系にすることで、命令的でなく、相手へ受け入れてもらいやすくなります。一度別れたけど、その後も元彼のことを思っていたというニュアンスもあり、復縁したい思いがより伝わるでしょう。

  • 「やっぱり一緒にいると楽しいな」
  • 「一緒にいるとすごく楽しくて、ずっとこの時間が続いて欲しいと思う」

元彼に「あたなと過ごしている時間は、自分にとって大事である」ということを伝えるセリフとして良いでしょう。元彼は「自分は役に立っている」と思い、あなたに対して何かしたあげたいと思いやすくなります。

  • 「これからまた楽しい思い出を一緒に作っていきたいな」

元彼も一緒にいる時間が楽しいと感じていれば、未来もあなたと楽しく過ごしている所を想像できます。

あなたが振って別れている場合

  • 「別れたことをずっと後悔してる」
  • 「やっぱり一緒にいると落ち着く」
  • 「別れてから少し時間がたって、改めて好きだなって思った」

元彼は「別れた後もずっと自分のことを思ってくれていたんだ」、「まだ良いと思ってくれていたんだ」と思い、元彼の気持ちは高揚するでしょう。

  • 「やっぱりあたなの隣にいたいな」

元彼は「やっぱり、自分が必要なんだな」と思い、なんとかしたいと思やすくなります。

  • 「もう一度やり直したいって言ったら、迷惑かな?」

「迷惑かな?」と聞かれて、「迷惑!」と言う人は少ないでしょう。また強制的でなく、威圧感がないため、受け入れてもらいやすくなります。

元彼に復縁の告白をする場所は

元彼に復縁の告白をする場所はどこがいいいざ告白をすると決めても、どこでしようかと悩みますよね。タイミング等も大事ですが、場所も大きな影響を与えます。

人混みの多い、賑やかな場所で告白しても、なかなか思いは伝わりづらかったりします。ここでは、復縁の告白にオススメの場所をお伝えします。

思い出の場所

2人が付き合っていた頃の「思い出の場所」を選ぶのは良いでしょう。付き合っていた頃に行った思い出の場所は、元彼も思い出として忘れずに記憶しています。

また思い出の場所に行くと、嫌な思い出は美化され、良い思い出として蘇らせることもあります。

思い出の場所は人それぞれですが、2人でのよく出かけた場所なども良いでしょう。

別れ話をした場所や、喧嘩したところなどを選ぶのNGです。また思い出を「○○だったよね?」と質問形式で相手に投げかけるのも良くありません。

ムードのある場所

ムードのある場所は、良い雰囲気を作り、また心を許しやすくなります。すでにカップルのような空気感になり、確率は上がるでしょう。

具体的には、「綺麗な夜景が見える所」、「ちょっと薄暗いおしゃれなレストラン」、「ライトアップされている夜の公園」などです。

美しいものやロマンチックな雰囲気は、よりあなたを魅力的に見せてくれます。

特別感がある場所

特別感のある場所を選ぶことで、他の人ではなくあなたとの記憶を思い出し、あなたに対して「大事な存在である」と感じやすくなります。

また元彼も「特別な場所」として、思っていることもあり、ムードは高まるでしょう。

具体的には、「誕生日のお祝いをした場所」「初デート場所」「2人の記念日に行った場所」などです。

ロマンチックな場所であると、なお良いでしょう。

2人でゆっくりと話せる場所

騒がしい状況ではムードを作りづらく、告白はオススメしません。

2人きりでゆっくりと話ができる場所であれば、元彼もあなたの話をしっかりと聞いてくれるでしょう。

具体的には、「車の中」や「ひと気のない海辺」などが良いでしょう。

2人きりの空間であれば、良い緊張感が生まれ、雰囲気良く告白できるでしょう。

元彼に復縁の告白をするならこれはやっちゃダメ!NG行動

元彼に復縁の告白をするならこれはやっちゃダメ!NG行動これまで、復縁の告白に対するオススメのタイミングやセリフ、場所などをお伝えしてきました。ここでは、告白でやってはいけない行動について解説します。

別れたときから成長していないのに告白する

別れた時から、外見や内面が変わっておらず、その状態で告白することは良くありません。

別れには原因があり、その原因と向き合い、行動を変えなければ元彼からは「前と同じまま」として捉えられてしまい、復縁からは遠ざかってしまいます。

冷却期間を設け、元彼から「なんか変わったな、前より魅力的になった」と思ってもらえるように、自分磨きに力を入れましょう。

彼の状況を考えず告白する

いざ、告白をすると決めても、自分の都合のみで告白するタイミングを決めてはいけません。

なぜなら、もし元彼が仕事などで忙しい時に告白した場合、あたなに対して「分かってくれてないな」「今は仕事が忙しいから」などと思われてしまう可能性があります。

元彼の状況を把握し、余裕のある時に伝えるようにしましょう。

復縁の告白がOKじゃなかった!あなたがとるべき行動

復縁の告白がOKじゃなかった!あなたがとるべき行動勇気を振り絞って告白をしたけど、返事はOKでなかった、ということも考えられます。そんな時はとても悲しい気持ちになりますが、あなたがとるべき行動があります。

返事を保留されたら?

「ちょっと待ってほしい」、「少し考えさせてほしい」など、返事を保留にされたら、まずは連絡を待ちましょう。

仕事など今の状況が落ち着いたら、又は気持ちの整理がついてから、連絡をくれるでしょう。

ここで催促の連絡をすることはいけません。相手へのプレッシャーを与えてしまったり、不快な思いをさせてしまうことがあるからです。

2〜3ヶ月返答がなければ、復縁したい気持ちではないのかもしれません。最終手段として、「答え聞かせてもらってもいいかな?」など、連絡をしてみるのもいいかもしれません。

友達でいたいといわれたら?

元彼から「友達でいたい」と言われた素直に受け入れましょう。ここで「なんで?」や「どうして友達なの?」など、質問攻めにすると、元彼は良い印象をもちません。

色々聞きたいこともありますが、ぐっと我慢して「そっか、分かった。返事をきかせてくれてありがとう」など、素直に受け入れ、感謝を伝えましょう。

「友達でいたい」と言われても、復縁の可能性が0ではありません。より自分磨きをしたり、まずは友達として、一緒に楽しむことも良いでしょう。

またそんな時に、新しい出会いに恵まれ、より素敵な方と出会える可能性もあるのです。

まとめ

復縁の告白について失敗しないセリフ、場所、タイミングなど書かせていただきました。

内容をまとめると

  • 告白のベストなタイミングは、冷却期間後の1〜3ヶ月程度、季節は春と冬、時間帯は夜
  • 脈ありサインは、会おうと数回誘ってくる時、近況を聞いてくる時
  • 告白のセリフはストレートに伝える
  • 振られた場合と振った場合でセリフを変える
  • 告白をする場所は、思い出・ムード・特別感・2人きりの空間が大事
  • 告白時のNG行動は、成長しないまま告白、元彼の状況を考えない告白
  • 告白がOKでなくても、元彼への質問攻めはダメ。素直に受け入れる。

告白は勇気のいることですし、復縁の場合は付き合っていた頃の思い出もあるため、より思いが強くなります。

告白して復縁できれば、幸せなことでありますが、仮にすぐ復縁できなかったとしても、勇気をだして告白をしたことは、それだけですごいことですし、今後の人生において必ず活きてきます。