復縁

元彼と復縁できる期間はどのくらい?タイプ別冷却期間

復縁できるまでの期間はどれくらい

元カレとの復縁を成功させるのに大切な冷却期間はタイプによって違うのはご存知でしたか?

冷却期間を考えずに復縁を迫ってもフラれてしまう可能性も大きくなってしまいます。

この記事では、

  • 元カレと復縁できる冷却期間はなぜ必要なのか
  • プライドが高い人・フラれた側・フッた側・マンネリで別れた場合・嫌いで別れた訳ではない場合・喧嘩別れの状況別の冷却期間
  • 冷却期間を短縮する方法

について解説していきます!

元カレと復縁をしたい人は、これを読んで成功率をアップさせましょう。

元彼と復縁できる冷却期間は平均6か月

元彼と復縁できる冷却期間は平均6か月元カレと復縁できる冷却期間は、平均6か月必要と言われています。

別れた状況や、彼によって変わってきますが長くて6か月の冷却期間を設けるのが良いでしょう。

半年もの間彼と距離を置くことに抵抗がある人も多いですが、実はこの冷却期間が復縁を成功させるカギでもあるのです。

「その間に違う彼女ができたらどうしよう」「半年もの間何をしたら良いか分からない・・」と悩みますよね。

本当に冷却期間は必要なのか、なぜ冷却期間は必要なのか気になることもたくさんなので更に深堀していきましょう!

なぜ冷却期間が必要なのか

なぜ冷却期間が必要なのかメンタリストのDaiGoさんは、復縁するための冷却期間は「半年は必要」と言っていました。

心理学の研究で「人が嫌なことを忘れるのにかかる時間は半年」と考えられているからです。

時間を置くことで嫌な記憶を美化して、信頼度があがることにも繋がっているからです。

これはスリーパー効果という心の変化です。

スリーパー効果

過去にあった二人の間にできた嫌なことが洗い流される一方で付き合っていたという信頼感が残ります。

冷却期間を使って、彼の本来の姿を見直したり自分のダメだった部分を直すことにも繋がるでしょう。

更にDaiGoさんは、

  • 「生理が重なりイライラしてしまった」
  • 「仕事が忙しくて時間がとれなかった」

などと時間が解決してくれるようなことは当然冷却期間が必要としています。

それほど冷却期間はとても意味のあるものとしてくれいるので、元カレと復縁を考えている人にとって冷却期間は必須といっても良いでしょう。

プライドが高い男の冷却期間

プライドが高い男の冷却期間プライドが高い元カレは、連絡がくることもほとんどないので冷却期間もどうしたら良いか悩みますよね。

頑固な人も多いので、すぐに連絡をとってもまた更に喧嘩になってしまう場合も少なくありません。

プライドが高い男の冷却期間はどのようにしたら良いかみていきましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

プライドの高い人ほど、冷却期間はとても大切となってきます。

自分からは連絡せずに「自分は悪くない!相手が全部悪い!」と思いしばらくは怒りが大きい状況です。

最初の2か月ほどは、相手が悪い絶対に復縁なんかしないと頑固になってしまっているので連絡は控えたほうが良いでしょう。

徐々に時間をかけて「俺が悪かったのかな」「寂しい」と思う気持ちが芽生えてくるので半年ほどの時間が必要です。

冷却期間にあなたがすべきこと

冷却期間が終わり、もう一度連絡をした時に絶対に上からいくようなことはしないよにしましょう。

冷却期間では、プライドの高い元カレともう一度向き合う忍耐力が必要となってきます。

彼に依存せずに自分の時間を使いつつ

彼を受け入れる包容力と忍耐力を身につけておく

と元カレとの復縁に近づくことができるでしょう。

プライドの高い彼と向き合うには、こちらが短気であると続かず同じことを繰り返すことにもなります

頑固でプライドの高いカレと復縁を目指すなら、彼に依存しないことと忍耐力・包容力が必要です。

振られた側の冷却期間

振られた側の冷却期間こちらが振られてしまった場合は、何か非がある場合が多いので冷却期間はとても大切です。

振られてしまい、何度もしつこく連絡をすると状況は悪化してしまうので一度距離ととることが大切です

冷却期間をむしろ利用する気持ちで、元カレとの復縁を目指しましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

彼に振られてしまった場合、冷却期間は半年~1年は必要です。

振られた理由や彼の性格によっても変わってきますが、一時の感情で振られてしまった場合は6か月ほどで目が覚める可能性が大きいです。

しかし新しい好きな人ができた場合は、新しい彼女に夢中で長い冷却期間が必要となってきます。

新しい好きな人と親しくなり、時間がたつにつれ元カノであるあなたと比べることが増えてくるでしょう。

振られてしまった場合こそ、長い時間を使って元カノを美化として思い出す期間が必要です。

冷却期間にあなたがすべきこと

振られてしまった場合は、別れた原因が明確である場合がほとんどなので自分を見直す時間となります。

新しい好きな人ができてしまった場合は、自分を磨く時間として美容に費やしましょう。

性格の不一致であった場合は、自分の性格を治す時間として活用するのでこの冷却期間はとても忙しくなるのではないでしょうか?

復縁を成功させた時にも、関係を続かせるためにどれほど前と変わることがでたのか重要となってきます。

振った側の冷却期間

振った側の冷却期間振った場合はすぐに関係を修復させようと、連絡をしつこくする人が多いようですが冷却期間はもちろん必要です。

口走って言ってしまいこんなつもりではなかったと思う人も多いですが、こちらの感情を優先させてしまってはいけません。

振った側では、冷却期間をどのように使ったら良いのか見ていきましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

振った側は、すぐに連絡してしまいたいですが振られた側は物凄い傷ついているので少なくとも3か月は必要です。

プライドが傷つき、こちら側の信頼度も下がってしまっている状況となっているので相手の気持ちを無視するような行動はやめましょう。

彼が悲観的になっている時にもう一度戻そうと話しても、「キープとして?また振られたらどうしよう・・」とナイーブになっていることも。

こちらの信用問題にも関わってくるので、冷却期間はしっかりと設けましょう。

冷却期間にあなたがすべきこと

信用を取り戻すことが大切なので、見た目の自分磨きは良いですが「俺がいなくても楽しそう」「他に男がいる?」と思われる行動は避けたほうが良いです。

あまりにも自分が一緒にいるときより楽しそうであると、「俺がいない方が楽しそう」と更に悲観的になってしまう可能性もあります。

自分の内面的な悪いことを治しつつも、他の男性と遊んでいる様子をSNSにアップする行為は控えましょう。

冷却期間は、もう一度彼の信用を取り戻す時間として使うことが先決です。

マンネリで別れて復縁をしたい場合の冷却期間

マンネリで別れて復縁をしたい場合の冷却期間マンネリで別れた場合、もう一度付き合うのは難しいと考える人も多いのではないでしょうか?

マンネリ化で別れて復縁する場合は、すぐに連絡をとってもまた同じことの繰り返しとなるのではと思い一歩踏み出せません。

冷却期間は何をしたら良いのか、マンネリ化の場合するべきことは何か見ていきましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

マンネリ化の場合は、多くの冷却期間が必要なので最低半年は置いた方が良いでしょう。

別れた直後は、パートナーがいないことで違う楽しさを見つけこのままでも良いと思うことが大半です。

しかし時間がたつにつれ、互いの存在が懐かしく思いまた一緒にいたいと思う時間がでてくることも。

そう思い始めたころを狙い、もう一度会うと最初のころの気持ちに戻り新しいスタートをきることができます。

冷却期間にあなたがすべきこと

マンネリが原因で別れてしまい、冷却期間を設けた場合は昔の写真やメール・LINEを見返すと良いでしょう。

付き合い初めたころは、小さいことで喜び彼は何をしたら喜ぶのか頑張っていたかと思います。

昔の気持ちを思い出し、彼は何をしたら喜んでくれていたのか振り返る時間として活用しましょう。

嫌いになったわけじゃなく別れた場合の冷却期間

嫌いになったわけじゃなく別れた場合の冷却期間互いに嫌いではないのに、別れてしまった場合はすぐに復縁することができそうですが一度頭を冷やす期間として必要となってきます。

嫌いではないのに別れてしまっても、理由なく別れることはないので冷却期間を使っていきましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

悪いこともなく別れた場合は、個人の感情が関係してくることが多いので頭を冷やす時間として2~3か月は必要となってきます。

「嫌いではないけど、付き合うのが少し面倒になった」「忙しくて恋愛どころではない」「一人の時間も必要」などと理由は様々ですが、彼の様子を伺いながらも冷却期間を使いましょう。

仕事で忙しい場合は、冷却期間を長く使った方が良いので3か月たったころに別れてしまった理由を聞いてみるのも良いです。

冷却期間にあなたがすべきこと

互いに嫌いではなく、個人的な理由で別れてしまった場合は非がある訳ではないので何をしたら良いか分からないですよね。

もう一度再会する時のことを考えて、彼も驚くような自分になれるように自分磨きに専念しましょう。

ダイエットしたり、服装の系統やメイクを研究したり彼ともう一度復縁できるようになるまで自分磨きする時間として活用すると良いです。

ケンカ別れの場合の冷却期間

ケンカ別れの場合の冷却期間ケンカで別れてしまった場合も、冷却期間は必須となります。

感情的になっていることが大半なので、互いに冷静になれる時間が必要ではないでしょうか?

ケンカして別れてしまった場合の、冷却期間について更に見ていきましょう。

冷却期間はどのくらいおくか

喧嘩で別れた場合は、少なくても3か月は必要となってきます。

互いに頭を冷やし、悪いところを治すのに冷却期間はしっかりと設けるようにしましょう。

喧嘩の場合で謝っていない場合は1~2か月ごろに、一度謝ってみるのも良いですね。

冷却期間にあなたがすべきこと

喧嘩で別れてしまい、互いに自分は悪くないと意地を張っていることも多いので自分を見直す時間として使うと良いでしょう。

悪い部分は、直してもう一度再会したときにさりげなくアピールすることができると復縁の可能性も大きくなります。

冷却期間では、喧嘩の原因となった理由を冷静に考え悪い部分を直す時間として活用しましょう。

冷却期間を短縮する方法はある?

冷却期間を短縮する方法はある?できれば冷却期間を短縮したい人もいますが、先を焦りすぎて冷却期間を短縮してしまうと復縁できるものもできなくなってしまいます。

どうしても短縮したい人は、直接会いこれまでのことを謝り新しい自分をアピールする方法が先決ではないでしょうか?

メールやLINEであると、気持ちは伝わらないので直接会いこれまでの自分とは違うことをアピールすることが大切です。

復縁の成功率を上げるには、冷却期間は必須なのでなるべく冷却期間を使うようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冷却期間を効率良く使って、元カレとの復縁を成功させてくださいね。